中学 7・8 年生 基礎学力養成クラス

 都立高、私立高入試では65~70%以上が、中7・中8の内容から出題されます。 そこで、このクラスは『定期考査(中間・期末)対策週間』による『内申点(通知表)の成績』のアップを図 りつつ、都立高志願者には『5教科に受験内容に即した練成問題』を、私立高志願者には『志望校の入試傾向 に合わせた基礎問題』で無理なく受験学年に移行できるよう各教科・偏差値55以上を目指し『基礎学力養成』 を目的に、徹底的にご指導いたします。

新中学7年生の授業内容

新規に施行された『学習指導要領』、1.5 倍量の『新教科書』となる3教科(英語・数学・国語)の予 習を中心に、『第一学期』で学ぶ 3.5ヵ月分の学習内 容と『6年生までの総復習』を『春休み』を通し4月までに終業いたします。 また、受験態勢を早期に確立するため『漢検・英検・数検』の5級以上の合格を年内中に目指します。

新中学8年生の授業内容

中学3年間の『中だるみ学年』と言われる『中学8 年』の成績結果と、一年間の過ごし方で『受験校のレベル』が決まる!と言っても過言ではありません。 まして『新学習指導要領』の改正による『入試内容』 の増量を考えますと、7年生の『移行措置内容』を学びつつ『新中学8年』の『先取り学習』を並行して実践することが大切です。 そこで、『新中学8年生』の授業では、『7年生で学ばなかった新教科書の移行措置内容と一年間の総復習』および『新中学8年生の3教科予習』を各塾生の 進度状況と進路目標に合った学習法で、大切な4月期の移行期間を乗り切ります。

新中学9年生の授業内容

『中学7,8,9年生』の教科書の理解度を、『学力到達テスト』により『学力診断』するところからスタートします。『中学9年』は正に『受験学年』8月末(夏休み終了時)までに『中学7,8年』の内容をすべて理解した上で9月から10月中旬までの約1ヶ月半で『中学9年』の内容を総復習、高校受験の際に提出する最終内申点決定の第2学期定期考査までに、『受験カリキュラム』に移行し、『第一志望校合格』へと結びつけます。

『基礎学力クラス』の志望校選定について
偏差値 男子(赤字は都立高
51  駒場学園(国際),大森学園(理系),昭和第一(特進)
50  関東国際,京華(進学),朋優(進学),立正
49  正則,駒込(アドバンス)
48  日本工業大学駒場(総合進学),朋優(デザイン・美術)
47  松原,自由が丘学園(特進),安田(特進)
46  桜町,大森学園,かえつ有明,駒場学園,東京学園
45  大崎,世田谷学園(文系),日体荏原(文理)
44  京北(進学),昭和第一(進学)
43  目黒学院(総合),駒場学園(食物)
42  大森学園(総),日本工業大学駒場,東京実業(文理)
偏差値 女子(赤字は都立高
51  駒場学園(国際),東京女子学園(特進),大森学園(理系)
50  神田女学園(特進),関東国際,朋優(進学),立正
49  正則,駒込(アドバンス),国立音大附(音楽)
48  トキワ松学園(特進・進学),朋優(デザイン・美術),下北沢成徳
47  千代田女学園(進学),東京女子学院,日工大駒場(理系)
46  松原,大森学園(進),駒場学園(進),東京女子学園(進)
45  大崎,桜町,小野学園(II類),淑徳 SC,日体荏原(文理)
44  豊南(進学),駿台学園(進学)
43  関東第一(進学),駒場学園(食物)
42  大森学園,東京実業,日本橋女学館,小野学園女子
募集要項
募集学年 小中一貫校7・8年生・区立中学校7・8年生(私立中学校1・2年生も可)
指導教科 数学・英語・国語・社会・理科
定員 1クラス 2〜4名
通塾可能曜日 月・火・水・木・金・土曜日
(日曜日は休講日です。祝祭日は授業を実施します。)
通塾時間 月〜金曜日 (1)PM7:00 〜 8:30 (2)PM8:30 〜 10:00
土・祝日 (1)PM3:00 〜 4:30 (2)PM4:30 〜 6:00
月謝 週2回×90分 週3回×90分 週4回×90分 週5回×90分 週6回×90分
15,750 円 18,900 円 24,150 円 31,500 円 36,750 円
入塾金

10,500 円(兄弟・姉妹で入塾の場合は、5,000 円割引となります。)

教務費 8,400 円
(教材費・通信費・印刷費として、入塾時1回のみのご納金となります。)